産経オンライン英会話の教材はかなり充実してる

産経オンライン英会話 教材

 

産経オンライン英会話では無料で教材が配布されています。
公式サイトからいつでもダウンロードすることが出来るので、自分で予習、復習出来るのが特徴です。

 

レッスンはこの教材に沿って進められます。教材には日本語の指示がしっかり書かれているので外国人の講師とのレッスンでも戸惑うことなく始めることが出来ます。

 

産経オンライン英会話 会員募集

 

産経オンライン英会話の教材 目的別

 

産経オンライン英会話の教材を目的別に見てみましょう。

 

無料体験レッスン用の教材

初級者用と中・上級者用が用意されています。
自分のレベルに合わせて選ぶことが出来ます。

 

初心者の教材はこんな感じです。

 

産経オンライン英会話 教材

 

この教材を見ながら講師の後に続いてリピートして発音や強弱などを習います。
基本の単語やフレーズを何度も繰り返すことで自然に挨拶ができるようになる練習です。

 

日常英会話の教材

 

日常英会話の教材は初級・初中級・中級・中上級に分かれています。
そしてそれぞれのレベルで100〜75ものレッスン教材が用意されているのです。

 

しかもレベルの途中で数回に分けて到達度を確認するテストを受けていきます。
初級レベルの最初のテストはこんな感じです。

 

産経オンライン英会話 教材
産経オンライン英会話 教材

 

挨拶や自己紹介が上手くできるかをテストします。
今までのレッスンで覚えた単語やフレーズを使って自分自身の事に置き換えるだけで、簡単に答えられる内容になっています。

 

こうやって一区切りずつテストを受けることで、今までのレッスン内容が確実に使えるようになっているのかを知ることが出来ます。

 

ただ単にフリートークで終わるオンライン英会話と違って、英会話+英語塾の要素が盛り込まれた素晴らしいシステムだと思います。
ああああ
もちろんこれはすべてのレベルで実施されていきます。

 

ビジネス英会話の教材

 

ビジネス英会話の教材も日常英会話と同じ初級・初中級・中級・中上級に分かれています。
日常英会話と違うことは会社で使うことの多い単語「レポート、商品、ミーティング」などが入っていたり、毎日の仕事の時間や行動に関する英語のフレーズやホテル、出張先での会話などが用意されています。

 

仕事で英語を使う必要が出てきた人にとっては、すぐに使えるシチュエーションが多くとても役に立つ内容です。

 

職業別英会話の教材

 

産経オンライン英会話では職業別に教材が用意されています。
これはとても珍しく最近増えた日本への外国人観光客を対応するための教材ですね。

 

教材では小売店・レストラン・鉄道・タクシー・郵便局で使う英会話がそれぞれ45レッスンずつ配布されています。

 

小売りの一例はこんな感じです

 

産経オンライン英会話 教材

 

小売り業の方にとってはまさにすぐ使える生きた英語となっています。

 

それぞれの職業の方はここの45レッスンを完全にマスターするだけで、外国人のお客さんの対応が大きく変わってくると思います。

 

大学入試外部検定試験対応の教材

 

2020年度から導入される「大学入学共通テスト」。
大学進学を目指す人のために東京外国語大学 外国語教育研究室・元外交官との共同開発で作られた教材です。

 

この教材を使用するためには、「大学入試外部検定試験対応プラン」(税抜9,250円/月)の有料受講が必要となりますが、高い学習塾の費用から比べるとかなりお得な料金体制だと思います。

 

 

学校教科書準拠の教材

 

中学生の教材に沿った文法を実際に外国人講師と使うためのレッスンです。
これぞまさに日本の学校の英語教育で一番必要な事なのではないでしょうか。

 

日本人は中学の教材で習う英語の単語やフレーズは覚えているのに、それを使う機会がなかったため英語が話せないと言われてしまいます。しかし英会話が出来る基礎は中学でしっかり出来ているのです。

 

このレッスンはできれば全国の中学校で導入してもらいたいシステムだと思います。
学校単位でできなくても、個人で始めることはいつでもできます。ぜひこれをご覧のお父さん、お母さんはお子さんに勧めてあげて下さい。

 

TOEICの教材

 

TOEICのそれぞれ目指す点数別の有料教材です。
小テストや模擬試験も用意されているので、TOEICを目指している人はぜひ始めて下さい。

 

 

産経オンライン英会話の教材についてのまとめ

 

産経オンライン英会話の教材はとても充実しているのが分かって頂けたのではないでしょうか。
授業料が安いだけでなく、教材やレッスン内容がかなりしっかりしているので継続してレッスンを受ければ英会話はかなり上達すると思います。

 

英語を話したいと思ったらまずは英語と触れる機会をたくさん持つことです。
自宅で簡単に始められる産経オンライン英会話という新しい形の英会話レッスンは「英語ができない」という日本人のコンプレックスを振り払ってくれるのではないかと大きく期待します。

 

ここまで長文を読んで頂けたのですからあとは行動あるのみです。
まずは無料会員登録をして2回のトライアルレッスンをお楽しみください。

 

産経オンライン英会話 会員募集

 

産経オンライン英会話 評判

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加